読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【VBA】動的に参照設定を変更する(2)

そんなわけで完成しました。とりあえずコードをはっつけましょう。

コード

Option Explicit

Private Const HKEY_CLASSES_ROOT = &H80000000
Private mReg As Object 'StdRegProv

'**************
'コンストラクタ
'**************
Private Sub Class_Initialize()
    
    Dim service As Object
    
    With CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
        Set service = .ConnectServer(, "root\default")
    End With
    
    Set mReg = service.Get("StdRegProv")
    
    Set service = Nothing
    
End Sub

'**************
'デストラクタ
'**************
Private Sub Class_Terminate()
    Set mReg = Nothing
End Sub

'**************
'参照設定追加
'**************
Public Sub Add(ByVal target As String)

    Dim filePath As String
    Dim ref As Object
    
    filePath = GetFilePath(target)
    
    If filePath = vbNullString Then
        Exit Sub
    End If
    
    Set ref = ThisWorkbook.VBProject.References
    Call ref.AddFromFile(filePath)
    Set ref = Nothing
    
    Call MsgBox("成功")
    
End Sub

'**************
'参照設定解除
'**************
Public Sub Remove(ByVal target As String)
    
    Dim filePath As String
    Dim ref As Object
    Dim r As Object
    
    filePath = GetFilePath(target)
    
    If filePath = vbNullString Then
        Exit Sub
    End If
    
    Set ref = ThisWorkbook.VBProject.References
    
    For Each r In ref
        '既に参照設定がされているパスと取得したパスで比較する。
        If r.FullPath = filePath Then
            Call ref.Remove(r)
            Set ref = Nothing
            Call MsgBox("成功")
            Exit Sub
        End If
    Next
    
    Call MsgBox("参照設定に" & target & "は登録されていません。")
    
End Sub

'**************
'ファイル名取得
'**************
Private Function GetFilePath(ByVal target As String) As String

    Dim allSubKey() As Variant
    Dim allValueName() As Variant
    Dim allVersion() As Variant
    
    Dim subKey As Variant
    Dim version As Variant
    Dim valueName As Variant
    Dim clsid As String
    Dim filePath As String
    
    GetFilePath = vbNullString
    
    'ファイルパスが渡された場合はそのファイルを追加する
    With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
        If .FileExists(target) Then
            GetFilePath = target
            Exit Function
        End If
    End With
    
    'ファイルパス以外が渡された場合は一旦レジストリに同名のキー(ProgID)がないかを調べる
    allSubKey = GetRegKeys(target)
    
    If HasValue(allSubKey) Then
        
        clsid = GetRegValue(target & "\CLSID")
        
        'CLSIDが取得できなかった場合は追加できないのでメッセージを出力して終了
        If clsid = vbNullString Then
            Call MsgBox(target & "のCLSIDを取得できませんでした。", Title:="エラー")
            Exit Function
        End If
        
        'HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\(取得したCLSID)\InProcServer32の規定値を取得する
        filePath = GetRegValue("CLSID\" & clsid & "\InProcServer32")
        
        If filePath = vbNullString Then
            Call MsgBox(target & "のInProcServer32の値が見つかりませんでした。", Title:="エラー")
            Exit Function
        End If
        
        'そこの規定値がファイルパスになっているので、参照設定に追加する
        GetFilePath = filePath
        
        Exit Function
    End If
    
    'ファイルパスでもProgIDでもなかった場合はTypeLibの中身をチェックする
    allSubKey = GetRegKeys("TypeLib")
    
    For Each subKey In allSubKey
        
        'TypeLib\(GUID)のKey(version)を取得する
        allVersion = GetRegKeys("TypeLib\" & subKey)
        
        '引数がGUIDだった場合はとりあえず一番高いバージョンを追加する
        If target = subKey Or "{" & target & "}" = subKey Then

            version = allVersion(UBound(allVersion))
            
            filePath = GetRegValue("TypeLib\" & subKey & "\" & version & "\0\win64")
                
            If filePath = vbNullString Then filePath = GetRegValue("TypeLib\" & subKey & "\" & version & "\0\win32")
            
            GetFilePath = filePath
            
            Exit Function
        End If
        
        For Each version In allVersion
            
            'versionの規定値が参照設定で表示される文字列
            'そこの値と引数で来た値が一致していた場合は参照設定に追加する
            If GetRegValue("TypeLib\" & subKey & "\" & version) = target Then
                
                '「TypeLib\(GUID)\(version)\0\win64」
                'もしくは
                '「TypeLib\(GUID)\(version)\0\win32」
                'のどちらかにファイルパスが入っている
                
                'win64を優先する
                filePath = GetRegValue("TypeLib\" & subKey & "\" & version & "\0\win64")
                
                If filePath = vbNullString Then filePath = GetRegValue("TypeLib\" & subKey & "\" & version & "\0\win32")
                
                GetFilePath = filePath
                
                Exit Function
            End If
        Next
    Next
    
    Call MsgBox(target & "は見つかりませんでした。", Title:="エラー")

End Function

Private Function GetRegValue(ByVal path As String, Optional ByVal valueName As String = vbNullString) As String
    
    Dim v As String
    
    On Error GoTo GetError
    Call mReg.GetStringValue(HKEY_CLASSES_ROOT, path, valueName, v)
    On Error GoTo 0
    
    GetRegValue = v

    Exit Function

GetError:

    Debug.Print Err.Description

    GetRegValue = vbNullString

End Function

Private Function GetRegKeys(ByVal path As String) As Variant()
    Dim ret() As Variant
    
    Call mReg.EnumKey(HKEY_CLASSES_ROOT, path, ret)
    
    GetRegKeys = ret
    
End Function

Private Function HasValue(arr() As Variant) As Boolean
    HasValue = Sgn(arr) <> 0
End Function

しくみ

大体の説明はGetFilePath内のコメントに書いてあります。中々泥臭くレジストリ内の値を調べたりなんだりしてファイルパスをどうにか取得し、追加したり削除したりしています。

レジストリを取得する方法はWMIです。またお前か。以下のサイトを参考にしました。

WMIでのレジストリ操作の説明は私がうだうだやるよりScripting Guyの記事を読む方がわかりやすいと思います。

まとめ

論よりコードと言うことで。前回も書きましたが、マクロのセキュリティに関する設定がないと動きませんし、アーリーバインディング⇔レイトバインディングをさくさく切り替えられるわけでもありません。つまり、大して使えるものでもないってことです。